一般の歯医者とは少し違う

本業は歯医者です。ですが、むし歯を治したり入れ歯を作製したり歯周病を予防する事だけが私達の仕事ではありません。患者様の生活背景を理解し、寄り添い、最期までの道のりを共に歩む事こそが私達の目指す医療です。寄り添う事を大切にしている団体です。幸せとは何なのか。私達に触れ合い、感じて欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理事長あいさつ

医療法人あかぎ理事長の西山佳秀と申します。私はスタッフ一人一人の声を大事にする事が組織を作る中で大切な事だと思っています。「やってみたい」を大切に。それをサポートし、見守る事がトップとしての、私の役割だと考えています。「やってみたらいいじゃない」が私の口癖なんですよ。社員一人一人が輝ける会社・社員一人一人が生き甲斐を感じられる会社を目指しています。スタッフの笑顔が、スタッフの生き生きとした姿を見られる事が私の幸せなんです。この会社の父のような存在でありたいですね。

歯科医師として

私を大きく変えた出来事

突然の死 死後の治療

毎週のように訪問診療で伺っていた在宅の患者様が亡くなった。我々の関わっている患者様は、生と死のはざまにおられる方も多いのだ。ご遺族から、「最後に口腔内を掃除して、入れ歯をセットしてもらいたい」という要望が入った。当時はよく分からず、手探りの状態であったが、懸命に亡くなった方のお口の中を綺麗にお掃除し、入れ歯を装着した。なんとも不思議な感覚であった。

ご家族からの「ありがとう」

ご家族は故人に「綺麗にお掃除してもらって良かったね。入れ歯入れてもらって綺麗になったね」と伝え、我々に対し深くお辞儀をし、ありがとう。ありがとう。と何度も伝えた。

これが私達の仕事だ

当時は「不思議な体験」で終わってしまったが、時が経つにつれその出来事が頭から離れなくなった。それこそが今求められる訪問診療なのではないか。と強く思うようになった。ご自身で歯医者に通えない方に、口腔ケアやむし歯の治療をする事だけが我々の仕事ではない。摂食・嚥下指導で経管栄養から経口摂取への移行を導く事だけでもない。寄り添い・傾聴が大事なのだ。

あかぎの願い

「こんな事がやってみたい」呟きを大事に

あかぎは、個々のつぶやきを大事にしております。こんな事がやってみたい!挑戦してみたい!の声を拾い、実現させる為のサポートを行ないます。「歯科医院だからこうでなければいけない」などと決めつけてはいけません。世界を変える為に何が出来るのか。小さな呟きを大切にしています。

人々を幸せにする為に

たとえ小さな組織でも同じ願いを持った人々が集う事で、それは世界を変えるほどの大きな力になると信じています。まずは目の前の人の幸せを共に見い出す事を全力でサポート致します。あなたの幸せが私達の幸せです。

Service

一般歯科/訪問歯科/訪問看護(準備中)

一般歯科をはじめ、訪問診療、訪問看護を行なっております。一般の方の治療・ご自身の足で歯科に通えない方向けの訪問診療

医療と介護を兼ね備えたサービスを行なっております。生活背景を理解し、ご自身にあったヘルスプランニングを提供致します。お一人で悩まず、どんなことでもお気軽にご相談いただければと思っております。

歯科から始まる出会い

ー 始まりは歯科 ー

人生を大きく変える存在でありたいと願う。「出会えて良かった」があかぎの、私達の糧となる。